大分や埼玉って出会いは少ない!?

いつでも大分や埼玉で笑みを
<< 次回から憶測をしてみる埼玉の出会い | TOP | 大分出会いでは少し交流がありました >>
大分の出会いをしているのも事実だ
0

     

    「大分の出会いは他人への感情がなく、利己心しかなく、小さな人でありながら好色で楽観的であり、世界を騒がせる習慣があります。」

    「純粋な文学作家としてのポシャの後、彼はポ*ノーライターとして復活しました。」

    「私が自分の感性だけで書き、大分の出会いがよく見えなかった川上さんの純文学は、遅かれ早かれ洗練される運命にありました。」

    「川上が人類とは関係のない読み物をはがしているのも事実だ」と語った。

    等々。

    一方、川上さんの友達だった佐藤藍子は激怒した。

    「○天津のゲス男にドローストリングツェツェバエ」

    「大分の出会いという大きな看板の下に住むネズミ」

    百々目鬼を呪った。 「」

    筒井康隆からも厳しい批判を受けた。彼は非常に血なまぐさい批評家であるという印象があります。

    | - | 14:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする